トロフィーの思い出

トロフィーと言えば名誉の証である。
なんらかのコンクールに優勝したりすることでのみ手に入る。
かくいう私も柔道の大会で優勝した折りに、賞状とトロフィーをいただいた。
当時は喜んで目立つ場所に飾ったものである。
今は押入のなかで賞状と共にホコリをかぶっている。
ところで、そんな名誉あるものに与えられるトロフィーだが、じつはら購入することができたりする。
なにも審査員を買収しようと言っているわけではない。
単純に購入できるのだ。
町のパーティーグッズ専門店で、黄金のトロフィーが陳列されているのを初めて見たときには言いようのないショックを受けたものだ。
なぜか自分の持っているトロフィーをバカにされたような気すらした。
しかし、考えてみれば当たり前のことである。
いちいち特注していてはコストパフォーマンスが悪すぎる。
ちなみに特に多く並んでいたのはゴルフのトロフィーであった。
最上部にクラブやナイスショットを決めている人が設置されている。
その店はすでに閉店してしまっているが、今の時代ならネット通販でも簡単に手に入る。
それは仕方のないことではあるが……やはりどこか虚しく感じるのはわたしだけだろうか?

風船については花ことば豊富なデザインの風船をご用意しております! 自分で作れるバルーンアーチセットが1万6800円~となっており、商品代金が1万5千円以上の場合送料が無料になります。
開店祝いのお花を当日お届けすることも可能です。全国翌日配送OKです! 毎日の暮らしを楽しむ花のスタイルをご提案いたします。