トロフィーの思い出

トロフィーと言えば名誉の証である。
なんらかのコンクールに優勝したりすることでのみ手に入る。
かくいう私も柔道の大会で優勝した折りに、賞状とトロフィーをいただいた。
当時は喜んで目立つ場所に飾ったものである。
今は押入のなかで賞状と共にホコリをかぶっている。
ところで、そんな名誉あるものに与えられるトロフィーだが、じつはら購入することができたりする。
なにも審査員を買収しようと言っているわけではない。
単純に購入できるのだ。
町のパーティーグッズ専門店で、黄金のトロフィーが陳列されているのを初めて見たときには言いようのないショックを受けたものだ。
なぜか自分の持っているトロフィーをバカにされたような気すらした。
しかし、考えてみれば当たり前のことである。
いちいち特注していてはコストパフォーマンスが悪すぎる。
ちなみに特に多く並んでいたのはゴルフのトロフィーであった。
最上部にクラブやナイスショットを決めている人が設置されている。
その店はすでに閉店してしまっているが、今の時代ならネット通販でも簡単に手に入る。
それは仕方のないことではあるが……やはりどこか虚しく感じるのはわたしだけだろうか?

伊勢山皇大神宮の結婚式京浜急行の日ノ出町駅から徒歩7分! 色打ち掛けがレンタル無料になるキャンペーンや特典、イベントには平日もしくは週末に行われる和婚プランナーによる挙式の相談会がございます。
キッチングッズの実績一覧│ノベルティグッズなら力匠お客様のご希望に沿った最適なノベルティを提案。 他社との違いはグッズ生産体制であり、高品質と低価格を実施するために、独自の生産体制で商品を作っています。